PPPOEの設定:Windows XP






WindowsXPでは付属のPPPoE機能を使用することにより、フレッツ・ADSL/Bフレッツに接続可能です。
以下に参考として設定例を示します。

1.スタートボタンをクリックし、コントロールパネルを選択します。

※スタートメニューの表示をクラシック[スタート]メニューにしている場合は、スタートボタンをクリックし「設定」→「コントロールパネル」を選択します。   




2.コントロールパネルの中の「ネットワークとインターネット接続」をクリックします。

※この表示状態は「カテゴリの表示」です。 クラシック表示の場合は「カテゴリの表示に切り替える」をクリックして、表示状態を切り替えてください。




3.「インターネット接続のセットアップや変更を行う」 をクリックします。

※画面下部にある「ネットワーク接続」→「新しい接続を作成する」を選択すると、5にある「新しい接続ウィザード」が開始されます。 (どちらの方法でも設定可能です。)




4.インターネットのプロパティ画面(接続タブ)が開きます。「セットアップ」をクリックしてください。




5.「新しい接続ウィザードの開始」が表示されます。次へをクリックします。




6.一番上の「インターネットに接続する(C)」を選択し、次へをクリックします。




7.二番目の「接続を手動でセットアップする(M)」を選択し、次へをクリックします。




8.二番目の「ユーザー名とパスワードが必要な広帯域接続を使用して接続する(U)」を選択し次へをクリックします。




9.ISP名(A)」にお客様任意の名前をと入力し、次へをクリックします。

ここでは「NanaNet-ADSL」への接続を例にご説明しています。
お好きな名前を入力してください。
例:NanaNet−ADSL 、フレッツスクウェア など



10.NanaNetに登録されているADSL接続ユーザーIDを入力します。

NanaNet ADSL登録書より指定された「ユーザーID@ドメイン名」の形式で入力してください。
なお、下のチェックボックスにはデフォルトでは全てにチェックが入っています。
通常ご利用になるNanaNet ADSLの設定の場合には、「この接続を既定のインターネット接続とする(M)」にチェックが入っている事を確認し、次へをクリックします。
自動接続したくない場合はこのチェックを外してください。

ユーザ名には、NanaNetADSL登録書に従って入力してください。
例 : sr_ag10r.nana@adsl.fles.jp


11.完了ボタンをクリックします。

ショートカットが必要な場合は「この接続へのショートカットをデスクトップに追加する」にチェックをつけます。




12.ネットワークとインターネット接続の画面に戻りますので「インターネット接続や変更を行う」をクリックします。




13.インターネットのプロパティ画面の接続タブが開きますので、お客様の入力された接続名があることを確認し、 「通常の接続でダイヤルする」を確認し、適用ボタンをクリックしOKで閉じてください。

この例では「NanaNet-ADSL(既定)」になっています。




14.InternetExplorerを起動すると、ダイヤルアップ接続画面が表示されますので「接続」をクリックします。




15.接続完了後には、下のような表示が画面右下にでますのでご確認ください。



 これでADSL接続の設定は完了です。
 次にメールの設定をしてください。


16.メール送信サーバ(SMTP)の変更
 「フレッツADSL」の登録書にしたがってSMTP(メール送信サーバ)必ず設定しなおしてください。

    アウトルックエクスプレスの場合の訂正箇所は、アウトルックエクスプレスを起動し
    「ツール」−−>「アカウント」−−>「メール」タグ −−>「プロパティ」−−>「サーバ」
    −−>「送信メール:SMTP(U)」 です。
    ここの部分を訂正してください。
  ※SMTP以外の項目は変更しないでください。

SMTPの設定方法 --> こちら

これでパソコンの設定は完了です。