PPPOEの設定:Linux






Roaring Penguin Software (PPPoE)を使った設定方法--RedHat7標準

: 同ソフトは、弊社のサポート対象外となります。以下はご参考としてください。


これより以下の設定等はroot権限で行ってください。

1.下記のアドレスより最新のRP-PPPoEをダウンロードします。

   (rpm版についての説明になります。)


2.以下のコマンドでインストールを行います。







3.設定をadsl-setupで行います。(rootで行ってください。)







4.ユーザー名を入力します。

下記には例として、テスト接続のユーザー名を設定しています。
インターネットサービスへの接続の場合はナナネットの登録書に従ってユーザーIDを入力してください。





5.ADSLモデム等に接続しているインターフェース名を入力します。

(通常Linuxの場合一枚目のLANボードがeth0、二枚目がeth1になります。)





6.アイドルタイムの設定です。

秒数で指定を行うと、自動的にその時間で切断されます。通常は【no】で構いません。





7.DNSサーバー名設定を行います。

server】と入力します。
serverを指定すると、接続時にDNSのアドレスを自動取得します。





()DNSを指定する場合。





8.接続のパスワードを入力します。

二度入力します。入力した文字列は表示されません。





9.パケットフィルタリングの設定です。

通常は【0】を指定してかまいません。





10.設定の確認を聞いてきます。

今まで入力した内容で良ければ【y】を入力します。【n】を選ぶと、最初から設定を行えます。





11.以下のメッセージが出て、設定完了です。







12.接続をadsl-startで行います。

以下のようにConnected!が表示されると接続完了です。





13.接続をadsl-statusで確認します。

正常に接続が完了すると、inetアドレスが表示されます。





14.接続を切断する際はadsl-stopで行います。